三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンよりも好条件のネットバンクのローンとは!

お金を借りたい人の本音

お金を借りたいという人は当然お金に困っている人という事になりますので、出来るだけ返済の負担が少ない方法を求めていると思います。お金に困るという事はやはり収入が少ない人が多く、同時にそういった人は借りにくいですよね。

不況の煽りを受けて勤めていた会社が倒産し、その結果として仕方なくアルバイトで生計を立てている私は、当然安月給となります。そんな人間は生きるのに精一杯でお金に困る事も多く、ちょっと家電などが壊れて修理や買い替えが行われると、生活費もカツカツになってしまいます。

そんな場合にはお金を借りる為にカードローンを作ろうと思うでしょうが、生活に余裕が無いと判断されれば、やはりなかなかお金を借りにくくなります。私も第一希望であった三井住友銀行カードローンの審査に落ちてしまい、いきなり最初からお金の借り入れを挫折したくなりました。

かと言って審査無しなどと言っている貸金業者はほぼ全てがヤミ金融業者ですし、良い条件で借りたいならまずは収入ありきです。でもその収入がなかなか良くならない…私は結局お金を借りられないのかと絶望していました。

インターネット系の銀行なら審査もそこそこに好条件!

良い条件で借りられてアルバイトでも安定して借りれるような、そんな借り入れ先は無いものか…と往生際悪く探していたら、まさか本当にあるとは思いませんでした。

それが私とインターネット銀行系カードローンの出会いです。インターネット系の銀行というのはネット専業で実店舗は存在していないのですが、その代わりに金利などの条件が比較的良い場所が多く、インターネット環境さえあれば使いやすいと言えるカードローンです。

しかもそんな条件の良さとは裏腹に、審査もネットバンクと呼ばれるだけあって銀行カードローンになるのですが、実店舗がある銀行よりも審査が緩めの場所が多めです。希望する限度額にもよりますが、収入証明書が不要だったり、特定の会員になっていれば申し込みが楽になったりと、申し込みの敷居の低さが低収入にはありがたいですね。

そうは言っても銀行だし…と不安になりながらも申し込みをしたら、本当にすぐに融資をしてくれるなんて!驚きの審査の早さでその日には仮審査に通過できて、後日きちんとカードローンが作れました!おかげでまた何とか生きていく事ができて、ネット系カードローンには感謝しっぱなしです。

銀行の条件の良さを持ちつつも審査はそこそこなカードローンが良いなら、ネットバンク系カードローンは本当にオススメです。

カードローンでたくさん借りた時は「リボ払い」で分割返済を

様々な場面で利用できるカードローン

カードローンは借り入れ限度額の範囲内に限り、自由にお金を借りられるサービスです。借り入れ限度額は利用者ごとに異なるものですが、皆さんはあらかじめ決められた範囲内であれば、繰り返しカードローンを利用することができるようになっているのです。ただ、自由にカードローンを利用しているとついついお金を借りすぎてしまうこともありますよね。予定外の出費に充てたり、急な支払いに充てたり、様々な場面でカードローンを利用している皆さんは多いかと思います。

こうして自由に使える点はカードローンの大きなメリットではあるのですが、お金を借りすぎるとその後の返済に困ってしまうことになるため、しっかりと返済計画を立てておかなければなりません。自分が必ず返済できる金額を借りるようにすることはもちろん、皆さんに合った返済方法を選ぶことも計画を立てる上では大切です。そこでおすすめしたいのが「リボ払い」です。

カードローンの「リボ払い」で分割返済

カードローンなどのキャッシングサービスでは、主に「一括払い」と「リボ払い」の2タイプの返済方法が活用されていますが、たくさんお金を借りてしまった場合には、分割して返済できるリボ払いがおすすめです。リボ払いは返済金額を毎月少しずつ支払っていく方法なので、ひと月の返済負担が少なくなり、生活面にも影響が現れにくくなります。一度に支払うには金銭的な負担が大きい・・・と感じている場合は、リボ払いで分割返済してみると良いでしょう。

もう一つの返済方法である一括払いはまとめて返済することができる方法で、少ない金額を借りた場合には適していますが、返済金額が高額になってしまっている場合は皆さんの金銭的な負担が大きくなってしまいます。生活面に影響が現れてしまうことも考えられるため、自分の金銭面に負担がかからないような返済方法を選び、実行可能な返済計画を立てることを心がけておきましょう。

利息のこともよく考えて

このようにカードローンの返済方法には、分割返済できるリボ払いとまとめて返済できる一括払いとがありますが、返済方法を選ぶ際には「利息」についてもよく考えておくことも忘れてはなりません。利息はカードローンを利用するための手数料ですが、リボ払いの場合と一括払いの場合とではそれぞれ利息の膨らみ方に差が見られます。

一般的に利息が膨らみにくいのは一括払いとなっているため、利息を抑えたいと考えている場合にはまとめて完済させてしまうことをおすすめします。と言うのも、利息は借り入れ期間が長くなるほど膨らみやすい傾向があり、皆さんがカードローンで借りたお金を完済するまでに時間がかかってしまうと、利息はどんどん増えていってしまうのです。

リボ払いにおけるデメリット

例えばカードローンで3万円を借りた場合、3ヶ月かけて返すよりも1ヶ月で完済した方が利息が少なく済むというわけです。そのため、リボ払いを利用すると一括払いを利用した時に比べて利息がつきやすく、最終的な総返済額も高くなってしまうことがあります。リボ払いはとても便利ではあるものの、利息の面ではこうしたデメリットもある返済方法なので、あらかじめ理解した上で利用するようにしましょう。

どうしても一括払いすることができないような場合はリボ払いを活用することをおすすめしますが、返済計画を立てていく中で、一括払いできそうだと感じた場合は、リボ払いではなくまとめて完済してしまった方が良いでしょう。カードローンの「返済シュミレーション」では、毎月の返済金額だけではなく、総返済額もチェックできますから、まずは借り入れ前にシュミレーションを試してみてください。

借り入れ・返済は銀行やコンビニに設置されている提携ATMで

カードローンの借り入れ・返済方法

カードローンはいざという時にあると便利なサービスです。一つ契約しておくと、もしもの時のために役立てることができますし、借り入れ限度額内であれば何度でも利用できる点も大きなメリットです。借り入れと返済を繰り返しながら利用できるので、様々なシーンで活用しながら生活の手助けもしてくれます。

もちろん、カードローンに頼りすぎてしまうことは危険ですから、決して無駄遣いはしないよう気をつけておくことも必要ですが、正しく使えばとても安全なサービスです。皆さん自身でメリットをデメリットにしてしまうことのないように、正しい利用方法を心がけていきましょう。

また、カードローンを選ぶ際には、皆さんそれぞれに合った借り入れ・返済方法が活用できるサービスを見つけてみることもおすすめです。借り入れや返済のしやすさはカードローンの利用しやすさに直接繋がるものですから、皆さんが使いやすいと感じる方法で借り入れ・返済ができるサービスを中心に探してみると良いでしょう。

銀行やコンビニに設置されているATMを活用

そこでおすすめしたいのが「ATM」を使った借り入れ・返済方法です。銀行や消費者金融のカードローンは、ATMでカードを使うことによってお金を引き出すことができますし、返済についてもATMから簡単に行なえるようになっています。つまり、カードとATMさえあればいつでもどこでも借り入れができて、返済もすぐにできるようになっているというわけですね。

もし皆さんが銀行のカードローンを使っている場合は、銀行に設置されているATMから借り入れ・返済が可能です。銀行ならいつでも行きやすいところですから、気負わず利用できる点もメリットとして挙げられるでしょう。また気負わず利用できるATMとしては、コンビニに設置されているATMもおすすめですね。コンビニにはカードローンサービスの提携ATMが設置されているので、コンビニに行けば借り入れ・返済の両方が済ませられるようになっています。

消費者金融のカードローンを利用している皆さんなどは、このコンビニATMを利用することでカードローンを活用していくことができるため、外出先や出張先などで持ち合わせが足りなくなった場合にも、簡単に借り入れ・返済ができます。コンビニは様々な場所にありますし、入りやすい場所でもあるので、皆さんもぜひ提携ATMを利用してみてはいかがでしょうか?

カードローンに関わる様々な利用手数料

ただし、ATMを利用した借り入れ・返済には利用手数料がかかる場合もあるので、その点についてはあらかじめチェックしておくようにしましょう。カードローンの利用手数料としては「利息」なども挙げられますが、これはカードローンを提供している金融機関側に支払う手数料なので、ATMの手数料とはまた別のものです。その他、「印紙税」としての収入印紙代など、カードローンの利用には様々な手数料がかかることになりますから、その都度手数料を確認しておいてください。

また、カードローンが利用できるコンビニATMは基本的に24時間利用可能となっていますが、場合によってはメンテナンスなどで利用できない恐れもあります。返済期日に間に合わないなどトラブルの元を作り出してしまうことも考えられるので、返済するためにATMを利用する際には余裕を持った行動を取るように注意してください。ちょっとしたトラブルでも、今後のカードローン利用に響いてくるものです。安全にカードローンを利用したいのであれば、返済には十分な余裕を持つことを心がけておきましょう。

簡単に利用できる!キャッシングサービスなら「カードローン」

金融機関の「キャッシングサービス」

様々な金融機関ではお金を借りることのできる「キャッシングサービス」を利用することが可能です。もちろんサービスを通してお金を借りるだけではなく、皆さんはサービスの利用者として借りた金額を返すことが義務とされています。さらに借りた金額だけを返すのではなく、手数料も支払うことがキャッシングサービス利用者に求められています。

この手数料は「利息」と呼ばれるもので、キャッシングを利用する上では欠かせない手数料となっていますが、借りたお金は必ず利息をつけて返すこと、このポイントをしっかり押さえておけば安全にサービスを利用することができますので、まずは正しいキャッシングの利用方法をよく理解しておくようにしましょう。

もし少しでも誤った方法で利用してしまうと、その後のキャッシングサービス利用に大きな悪影響が現われるようになります。金融機関とのトラブルが引き起こる恐れもありますから、安全に利用したいなら利用者である皆さん自身で注意しながらキャッシングを上手く活用していくことを忘れないようにしましょう。

キャッシングなら「カードローン」を

そしてこのようなキャッシングサービスの一つに「カードローン」があります。カードローンはカードを使ったキャッシング方法のことで、金融機関と契約したカードを使うことでお金を引き出し、皆さんの自由に遣うことができるサービスです。銀行のフリーローンなどと同様、利用目的が決められていないことが特徴的です。つまり、使い方は皆さん次第ということなので、非常に様々な場面で役立てることができるようになっています。

例えば、公共料金の支払いに充てることもできますし、急な病気や怪我の治療費に充てるためにカードローンを利用しても構いません。ただし他のキャッシングサービスで作った借金を返すために調達するなど、借金返済を目的にカードローンを利用することは禁止されています。各金融機関で禁止されている行為ですので、十分に注意しておきましょう。

何度も繰り返し使えるカードローン

このように自由に簡単に使える点が魅力的なカードローンですが、サービスとしての仕組みもまた利用者にとって魅力的なものとなっています。カードローンでどのくらい借りることができるかは「借り入れ限度額」によって決まってきます。利用者それぞれに借り入れ限度額は設定はされますが、収入状況などによって大きな差が見られることも少なくありません。借り入れ限度額が200万円の人もいれば、50万円の人もいるなど、それぞれ異なっていることが特徴的です。

しかし、あらかじめ決められた限度額の範囲内ならいくらでも借りられる、という点がカードローンの魅力です。例えば借り入れ限度額が50万円に設定されている皆さんの場合、5万円を借りても45万円の残額がありますから、5万円を返済しなくてもさらに借り入れすることができるのです。

それだけではなく、カードローンは完済したら契約終了、というサービスでもありません。完済しても契約中であればまた何回でも借り入れできますし、その都度しっかり返済できていれば、借り入れ限度額を増額してもらえる可能性もあります。返済をしても使っていなければ利用者としての信頼性は高くならないので、増額を目指すようであれば、カードローンを定期的に使って計画的に完済することを心がけて利用していきましょう。

計画性もカードローン利用者に求められることですから、金融機関の「返済シュミレーション」の結果を参考に返済計画を立てるなど、自分でできることから始めていきましょう。

特徴が大きく違う銀行カードローンと消費者金融カードローン

金融機関ごとで違うカードローンの特徴に注目

「カードローン」と一言で言っても、そのサービス内容にはそれぞれ違いがあるものです。特に金融機関ごとの違いは大きく、様々な異なる点があるのであらかじめよく理解しておくことで、皆さんに合ったカードローンを探すことができます。どのカードローンを使っても同じ、というわけではないですから、まずは金融機関ごとの特徴をしっかり押さえておきましょう。

現在カードローンを利用できる金融機関としては、銀行と消費者金融が代表的となっています。ここからは銀行のカードローンと消費者金融のカードローン、それぞれの特徴を見ていくことにしましょう。

低金利でお得な銀行カードローン

まず初めに銀行で利用できるカードローンの特徴について考えてみましょう。銀行は様々な金融サービスが利用できるようになっていますが、その中でも特に利用しやすいのがカードローンです。例えば、銀行では利用目的が定められていない「フリーローン」というサービスがあります。こうしたはカードローンにも見られるものですが、フリーローンの場合は契約→借り入れ→完済といった流れによって、契約は終了します。つまり一度しか借り入れができないのです。

しかし、カードローンでは契約→借り入れ→完済→借り入れ→完済→借り入れ・・・といったように、契約中は繰り返しお金を借りることが可能です。さらに完済をしていなくても、カードローンは借り入れ限度額に余裕があればいくらでも借りられる、という特徴も持っています。銀行のサービスは安全面も強いので、安全性を求めている皆さんはぜひ銀行でカードローンを契約してみてはいかがでしょうか?

ただし、銀行の審査基準は厳しく、誰でも簡単にカードローンの利用を認めてもらえるわけではありません。審査に通れない場合も少なくなく、いつになってもカードローンが契約できない、ということも珍しくないのです。高額を低金利で借りられる点は魅力的なのですが、審査基準が厳しい点はデメリットとして挙げられます。ただ、審査が厳しい分だけ安全性も高いということなので、安心して借り入れ・返済をしたい場合は迷わず銀行のカードローンを選ぶことをおすすめします。

消費者金融カードローンは上限金利をチェック

以上が銀行カードローンの特徴になりますが、消費者金融のカードローンは銀行とはまた違った特徴を持つサービスとなっています。カードローンの仕組みは同じですし、利用方法も変わりはありません。

ところが、審査や金利の面を見てみると銀行とは正反対の特徴を持ったサービスであることが分かります。例えば審査基準を見てみると、銀行に比べて基準が甘く、余程の問題がない限り審査に通りやすい傾向が強くあります。審査基準が甘いカードローンは、なかなか審査に通れずに困っている皆さんにもおすすめなので、とにかく審査に通ることを目的としている場合は、消費者金融でカードローンの契約を考えてみると良いでしょう。

しかし、金利については銀行よりも高く、全体的に高金利となっています。下限金利は銀行とはそれほど変わらないという場合でも、上限金利を見ると銀行よりも高めに設定されているので、銀行で借りるよりも消費者金融で借りた方が利息の負担が増えてしまうのです。

無利息で利用できるカードローンではない限り、利息は必ず支払わなければならないものですが、少しでも利息を抑えておきたい、と考えているようであれば、審査が厳しくても低金利で借りられる銀行カードローンを選ぶなど、皆さんが楽に返済できるサービスと契約するようにしましょう。やはり最終的には返済に関する問題が一番大きなものとなりますので、返済負担が少なく済むサービスでカードローンを活用してみてくださいね。

どんな仕組みになってるの?金利と審査基準から見るカードローン

カードローンってどんな仕組みなの?

カードローンを利用する上で注目しておくべきポイントとして「金利」と「審査基準」が挙げられます。金利と審査基準については、カードローンの仕組みにも大きく関わってくるものなので、初めてカードローンの利用を考えている皆さんは、まず大まかな仕組みを知っておきましょう。

何も知らないままカードローンを利用してしまうと、結果的に皆さんが損をしてしまう場合もあります。せっかくカードローンを利用するのですから、少しでもお得なサービスを利用したいものですよね。そのためにはカードローンの仕組みはしっかり理解しておく必要があります。ここからは金利と審査基準から見るカードローンの仕組みについてお話ししていきましょう。

利息の元となるカードローン金利

まずはカードローンの「金利」についてですが、金利とはキャッシングをする上で必要となる手数料をパーセンテージ化したものとなります。皆さんが利用するカードローンは金融サービスの一つであり、キャッシングサービスとして活用されるものです。お金を借りるために使われるサービスなので、皆さんはカードローンを利用してお金を引き出し、様々な目的に遣うことができるようになっているわけですが、タダでサービスを利用することができるわけではないのです。

カードローンなどのキャッシングサービスは、タダではなく利用者が手数料を支払うことで成り立っているサービスでもあるため、実際に皆さんは金利によって計算される「利息」を支払うことが義務となります。もちろん金利だけが利息に関わっているわけではなく、利用者の借り入れ金額や借り入れ期間も計算要素となっていますので、皆さんそれぞれ支払う利息には差があります。

利息の仕組みとしては、金利が高くなるほど高く、借り入れ金額が高くなるほど高く、借り入れ期間が長くなるほど高く、といった特徴がありますから、手数料としての利息の支払いについてもあらかじめ頭に入れた上でお金を借りるようにしましょう。また、金利は審査基準との大きな関わり合いを持っているので、金利と審査基準の一般的な仕組みについても知っておくことをおすすめします。

金融機関によって変わる審査基準

カードローンが利用できる金融機関としては銀行や消費者金融が代表的ですが、両者ともに金利・審査基準には大きな差があります。まず銀行のカードローンは金利が低く、高い金額を借りても利息が膨らみにくくなっていますが、消費者金融は高金利のカードローンであることが特徴的です。つまり、同じ金額を借りる場合でも、利用する金融機関によって利息の膨らみ方が変わってくるというわけです。

さらに銀行の審査基準は全体的に厳しくなっているものの、消費者金融の審査基準は甘く、比較的審査をクリアしやすい傾向があります。このようなポイントから見ると、カードローンを利用できるかできないかは金融機関によって変わってくることが分かりますね。審査基準に見合っているかどうかが重要視されるので、もし金融機関の条件に合わない場合、皆さんはカードローンを契約することはできません。

反対に審査の条件をクリアできればカードローンの契約が可能となるため、金融機関の審査基準次第でサービスの利用が決まってしまう、という見方もできます。カードローンはこうした仕組みの元で成り立っていますから、まずは契約を申込む前にどのようなサービスであるかをよく確認し、皆さん自身が納得した上で契約を決めるようにしてください。

カードローンの利用を停止したい、契約を解除するために必要なこと

カードローンを解約したい時には

これまでカードローンを使い続けてきた皆さんの中には「カードローンの利用を停止したい」と考えている方々も多いかと思います。カードローンを利用することが少なくなってきた、最近めっきり借り入れをしていない、といった理由がある皆さんもいれば、カードローンを所持しているとついつい使い過ぎてしまう、複数利用しているカードローンを一つに絞りたい、という皆さんもいるかと思いますが、どちらの場合も契約を解除することが可能です。

では、カードローンの解約はどのように行なわれるものなのでしょうか?カードローンは金融サービスの一つなので、金融機関で契約することになりますから、解約についても金融機関に連絡することで手続きを行ないます。主に電話での手続き、直接金融機関へ出向いての手続きとなりますので、皆さんが利用しやすい方法を選びましょう。サービスによっては金融機関で直接解約手続きを行なわなければならないこともありますから、あらかじめ利用しているサービスの解約方法をチェックしておくことをおすすめします。

そして解約手続きの際には、皆さんがこれまで利用してきたカードを返却し、金融機関側から契約書類等を返却されることになります。ただサービスの規約によってはカードの返却ではなく破棄することと決められている場合もありますので、この点についても利用しているサービスの解約方法で確認しておきましょう。

カードローンの解約前には必ず完済を!

また、皆さんがカードローンの解約前にしておかなければならないこととしては、まず「借金の完済」が挙げられます。解約の手続きを行なう前には、必ずカードローンの利用残高を0円にしておく必要がありますので、返済金額が残っている場合はすぐに完済するようにしてください。まだ現在も返済中である場合はカードローンの解約は不可能ですから、しっかり完済してから手続きを行ないましょう。

利用残高が0円になっていれば、基本的にはいつでも解約することができます。そのため、もし現在全く使っていないカードローンがあれば、今すぐにでも解約することができるため、最近カードローンの利用頻度が少なくなり、借り入れをしなくなったという皆さんは、できるだけ早く解約してしまうと良いでしょう。

その他、カードローンを所持していることで無駄遣いが増えてしまう、という皆さんについても、借り入れ金額が少ない場合はすぐにでも完済し、解約してしまいましょう。カードローン利用者の誤った利用方法で最も多いのが、必要以上にお金を借りてしまうなどの無駄遣いです。解約してしまえば無駄遣いをすることもなくなりますので、まずは利用残高の完済を目指していきましょう。

カードローンの利用を停止されてしまうことも

このように、カードローンの利用を自ら停止したい場合は、完済後に手続きを行なうことでサービスを解約することができます。しかし、中には金融機関側からカードローンの利用を停止されてしまうなど、皆さんの判断ではなく、金融機関の判断でサービスが解約されることもあります。

返済金額を滞納し続けている、毎月のように決まって延滞しているなど、カードローンの利用状況に何らかの問題が見られる場合は、金融機関側が利用者として認めることができなくなってしまうため、サービスを解約してカードローンを利用できない状態にしてしまうのです。

今後もカードローンを使い続けていくためには、やはり正しく利用していくことが大切ですので、利用停止されてしまうことのないよう、計画的な利用を心がけていきましょう。ちょっとした返済トラブルでもサービスの利用停止には繋がってしまうものです。カードローンはお金を借りるためのサービスですから、皆さん自身も借金をしている事実をしっかり受け止めた上で利用するようにしましょう。

何となく使いにくい時はカードローンの選び方が間違っていることも

カードローンが使いにくいと感じたら

カードローンを契約して使ってみたは良いものの、何となく使いにくい・・・と感じたことはないでしょうか?カードローンは非常に便利で役立つサービスですが、皆さん自身が実際に使いにくいと感じている場合は、カードローンの選び方が間違っていることも考えられます。銀行や消費者金融などの様々な金融機関では、それぞれ異なるサービスでカードローンを提供しています。

カードローンを契約するための審査、利息の支払いに関わる金利、利用者に認められる借り入れ限度額、利用できる返済方法など、サービス内容は金融機関ごとに違いが見られるため、カードローンの使いやすさもサービスによって変わってきます。もし何となく使いにくいカードローンを使っている場合は、そのサービス自体が皆さんのライフスタイルに合っていないことが考えられますので、皆さんが使いやすいと感じるサービスへ利用を移行してみることがおすすめです。

おすすめはカードローンの「借り換え」

カードローンの利用を他社に移行する方法として「借り換え」というサービスが挙げられます。借り換えをすることによって現在利用しているカードローン、つまり使いにくいと感じているカードローンから、他の使いやすいカードローンへ利用を移行することができるので、現在利用しているサービスに何らかの不満を抱えている場合は、ぜひカードローンの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

皆さんが現在契約中のカードローンよりも借り換え先のカードローンの方がサービスとして魅力的である場合には、迷わず借り換えをすることをおすすめします。使いにくいカードローンを使い続けていても便利さを感じづらいですし、何より皆さん自身の負担となってしまいます。

特に返済に関する負担が大きくなっているような場合は、少しでも負担を軽減できるサービスへ借り換えしてみましょう。利用するサービスを換えるだけでも金銭的な負担は削減され、生活面にも余裕が出てくるものです。借金はどんなに少ない金額でも負担になってしまうものなので、使いにくいと感じている場合は、利用するサービス自体を変更し負担を無くすことことが先決です。皆さんも借り換えによって、自分なりに使いやすいカードローンを活用してみると良いでしょう。

初めてのカードローンの選び方

また、これからカードローンの新規契約を考えている皆さんも、あらかじめ選び方について注意しておくことをおすすめします。自分に合った借り換え先を選ぶように、まずは自分に合うサービスを選ぶことが新規契約者の皆さんには必要ですから、ここからはカードローン選びのポイントをいくつか見ておきたいと思います。

初めてのカードローン選びで気をつけておきたいポイントとしては、やはり審査に通るための条件、お金を借りるためにかかる利息、確実に返済できる方法など、契約前の段階と実際にカードローンを利用するにあたってのポイントの両方が挙げられます。

審査に通ることができなければカードローンを利用することはできませんし、審査に通っても返済トラブルを起こしてしまっては元も子もありませんよね。カードローン選びの段階で困ることのないよう、契約前に欠かせない審査とカードローン利用に欠かせない返済に関するポイントをしっかり押さえておくようにしましょう。

そして、あらかじめ返済計画を立てておくことも忘れないようしてください。金融機関では「返済シュミレーション」を利用できるようになっているので、利用しやすいカードローンを選ぶことはもちろん、利用者である皆さん自身も大きな負担がかかることのないよう、計画的にカードローンを利用するよう心がけてくださいね。

カードローンを複数使ってもいい?返済額・返済期日はしっかり把握を

複数のカードローンを使ってもいいの?

便利なカードローンを一社ではなく複数社で契約したい!と考えている皆さんはいませんか?つまり、皆さんは複数のカードローンを利用することが可能な状況となるわけですが、本当に複数のカードローンを同時に使っても良いものなのでしょうか。実際にカードローンは複数社で契約することができますし、問題なく利用していればトラブルが起きることもありません。

しかし、カードローン利用者の中には複数のサービスを利用していることによる負担が大きくなり、結果として返済トラブルを引き起こしてしまうケースも少なくないのです。一社だけの契約に止めておけばトラブルが起きることはなかった、という場合もありますから、複数社でカードローンの契約を検討している皆さんは、今一度カードローンの必要性について考えてみることをおすすめします。

カードローン利用者の信頼性

もし一社のみで足りるようであれば複数のカードローンを所持する必要はありませんし、契約しても使わないのであれば所持している意味もありませんよね。カードローンは繰り返し借り入れ・返済ができることがメリットですが、カードローンを使わずに所持しているだけでは、サービスとしても機能することができません。

さらにカードローン利用者における信頼性とは、借り入れ・返済を定期的に繰り返していることも条件に当てはまることなので、ただ所持しているだけで信頼性が高くなるわけでもないのです。何度もお金を借りる→返すを繰り返すことも信頼性を高くする上で重要なことですから、契約の前にはこのような注意点も押さえておくようにしてください。

返済の残額や返済期日をしっかり把握して

また、どうしても複数のカードローンを利用したい場合は、各カードローンの返済金額や返済期日についてしっかり把握しておくことも大切です。カードローンを利用して借りている金額も異なれば、返済の残額も異なりますし、返済期日にも違いがあるものです。こうしたカードローン返済に関わるポイントを把握することができない場合は、複数利用を控えておいた方が良いでしょう。

と言うのも、カードローン利用者にとって返済は義務でもあるからです。お金を借りる→返すことで利用者としての信頼性が高まるととお話ししたように、借りっ放しで返済をしないという状況は、決して信頼性が持てるとは言えませんよね。そもそもカードローンはタダで利用できるものではなく、返済時に利息を支払うことも義務ですし、返済期日を守ることも利用者に求められているものです。

返済に関わるポイントを一つ一つ注意しておくことがまず大切ですので、まずは複数のカードローンにおける返済状況を把握することを忘れないようにしてください。

複数契約を断られてしまう場合も

このように、カードローンは複数利用が可能ではあるものの、様々な注意点に気をつけておかなければなりません。自ら注意してお
くべき点もたくさんありますから、カードローンの複数利用を考えている皆さんは、もう一度よく考え直してから契約しましょう。また、既に他社で借り入れがある場合、特に借り入れ金額が多い場合には、新たにカードローンを契約することが難しいこともあります。

つまり、複数カードローンの契約を審査の段階で断られてしまうケースもあるため、複数契約をするためには他社でどのくらい借り入れをしているのか、といった点も重要な条件となっています。既に抱えている借金がある場合は、まずその借金を完済させることから考えていきましょう。

返済の滞納は大問題!カードローン利用者としての義務を果たすこと

審査はカードローン契約の大前提

カードローンはいつでもどこでも利用できるものですが、誰でも利用できるものではありません。基本的に年齢制限は満20歳0満65歳までとなっていますし、契約前には必ずカードローン審査を受けることになります。皆さんはこの審査に通ることができない限り、カードローンを利用してお金を借りることはできませんので、これから利用を考えている皆さんはまずこの点に注意しておきましょう。無審査のカードローンは一般的にはありませんから、審査をクリアすることを大前提と考えるようにしてください。

そして審査に通るためには、皆さん自身が金融機関側の審査基準に見合っていることが条件とされています。審査基準は金融機関ごとに異なり、銀行の場合は厳しく、消費者金融の場合は甘い、という傾向が見られていますが、こうした一般的な金融機関では無職や無収入である皆さんが審査をクリアすることは不可能と言っても良いでしょう。

仕事をして収入を得ていることが重要な条件となっているため、無職や無収入の状態ではカードローンの利用を認めてもらうことができないのです。返済する余裕があるかどうかは、今後のカードローン利用に大きく関わってくる問題ですから、まずは自分自身の金銭面をよく相談した上で契約を決めるようにしましょう。

もし返済金額を滞納してしまったら・・・

カードローン利用者にとって、借り入れ金額の返済は義務とされています。返済をすることは利用者にとって当然のことですし、もし返済ができないような場合には、利用者としての信頼性が破綻してしまいます。例えば、皆さんが返済金額を滞納してしまった、という場合は大問題で、今後二度とカードローンを利用できない状況になってしまうこともあるのです。利用者の義務である返済を怠ってしまったということですから、たった一度の滞納でも大きなトラブルに発展するリスクは十分にあります。

カードローンなどキャッシングトラブルの原因はほとんどが利用者側にあるもので、自分自身で墓穴を掘ってしまう利用者も少なくありません。まずはカードローンを正しく計画的に利用し、滞納をしないよう一人一人が気をつけておく必要がありますが、誤って滞納してしまった場合には、最悪の事態に陥ってしまう前にしっかり対処し、金融機関の信頼を失わないように注意しておきましょう。

滞納してしまった場合の対処法

では、返済金額を滞納してしまった場合には、どのような方法で対処するべきなのでしょうか?もし皆さんが誤って返済期日を忘れてしまったり、返済期日を勘違いしていたりした場合は、まずはカードローンを利用している金融機関へ連絡し、できるだけ早く返済金額を支払うことを第一に考えてください。滞納しているにもかかわらず、何も連絡を入れずに返済をすることは失礼にあたりますし、返済金額を支払う金銭的余裕があるのであれば、なるべく早く支払いを済ませましょう。

また、返済期日はしっかり覚えているけれど、返済金額を支払う余裕がない、という場合には、返済方法から考え直していく必要があります。このまま同じ状態を続けていても、また滞納してしまうかもしれません。滞納を繰り返すほど利用者としての信頼も失われていきます。

今後も変わらずカードローンを使い続けていきたいのであれば、皆さんが滞納せず確実に返済できるサービスを利用することが重要ですので、カードローンの借り換えを検討するなど、現状を少しでも良くしていく方法を探してみましょう。返済したいのにできない状態は皆さん自身も苦しいものですから、まずは自分に合った借り換え先を選んで、負担なく返済することができるよう工夫してみてください。

公共料金やクレジットカードの利用金額も「自動融資」で楽々支払い

借り入れ限度額が重要な「カードローン」

銀行や消費者金融では「カードローン」などの金融サービスが利用できます。特にカードローンは非常に便利なサービスで、持ち合わせが足りなくなってしまった時、急遽支払いをしなければならなくなった時などに活用することが可能です。銀行の場合は銀行に設置されているATM、消費者金融の場合はコンビニなどに設置されている提携ATMから簡単にお金を引き出すことができますし、近年では銀行口座を利用して借り入れ・返済ができるカードローンも増えてきています。

色々な場面で役立てることができるため、一つ契約しておくと安心である点もカードローンのメリットです。正しく利用すれば返済の負担もそれほど大きくならずに済みますし、計画的に利用し、信頼性のある利用者と判断されれば、借り入れ限度額を増額してもらうことも不可能ではありません。

これは増額が可能なカードローンサービスに限ることですが、限度額を増やしたい!と考えている皆さんは、増額できるサービスを選んでみると良いでしょう。カードローンの基本は利用者それぞれに設定された借り入れ限度額ですから、限度額が多いほど皆さんが一度に借りられる金額も多くなり、繰り返し利用できる余裕も出てくるようになります。できるだけ多く借りられることを希望している皆さんは、借り入れ限度額を少しでも多く設定してもらえるサービスを選んでみてくださいね。

カードローンの「自動融資」ってどんな機能?

また、カードローンのメリットとして「自動融資」という機能が利用できる点も挙げられます。自動融資とは、皆さんが利用している銀行口座に自動で融資を行なう機能ですが、基本的には公共料金の支払いやクレジットカードの請求など定期的に支払い用として使っている口座への融資となります。

例えば、皆さんが各種公共料金の支払いのために銀行口座からの自動引き落としを利用している場合、万が一口座の残額が足りなくなってしまったとします。金額が足りない場合には自動引き落としすることができませんが、カードローンの自動融資機能を使えば、不足している分の金額を融資してもらうことができ、結果として問題なく公共料金の支払いができる、というわけです。

クレジットカードの請求金額を支払う場合も同様で、口座の残額が請求金額に満たない場合に備えて、自動融資機能を利用することで、難なく支払いを済ませることができるようになっているのです。このような自動融資機能は、万が一のことを考えて備えておくととても便利なサービスですので、自動引き落としを利用している皆さんはぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

自動融資機能も利用は計画的に

ただし、カードローンの借り入れ限度額が足りない場合は自動融資することは不可能ですし、カードローン自体に自動融資機能が付属していない場合も同様に利用することはできないので、あらかじめ理解しておきましょう。自動融資機能を利用したい場合は、まずカードローン自体に機能があるかどうかをチェックすることが大切です。カードローンはサービスごとに違った特徴を持つものですから、必ず自動融資が可能なサービスを選ぶようにしましょう。

そして「自動融資」ということで、皆さんがカードローンを通してお金を借りている立場であることも忘れてはなりません。自動的に融資を受けるにしても、皆さんが金融機関からお金を借りて使っていることに変わりはありませんので、返済についても十分に考えた上で活用してください。借り入れ金額と収入のバランスが合わないなど、無理のある利用は返済負担を増やしてしまうだけです。カードローンは計画的に利用していきましょう。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }