カードローンの返済計画の立て方

「返済シュミレーション」を活用したカードローン返済計画の立て方

安全に利用するための「返済計画」

近年ではより簡単に利用できるようになってきた「カードローン」。皆さんも様々な面で活用していることかと思いますが、どんなに便利になっても決して安易な気持ちで利用することはやめておきましょう。便利であることは利用者にとって喜ばしいことですし、正しく利用すれば問題はありません。ただ、軽い気持ちでカードローンを契約し、必要以上にお金を借りてしまう、という利用者も少なくないため、これからカードローンを利用することを考えている皆さんはまず「返済計画」を綿密に立てておくことから始めていきましょう。

利用者である皆さんは、返済無しにカードローンを利用することはできません。借りた金額は必ず全額返すことが利用者としての義務とされていますし、返済期日もあらかじめ決められているので、期日を守れず滞納してしまうことも大きなトラブルの原因となります。返済計画は皆さんが安全にカードローンを利用することができるよう、金融機関側も推奨していることですから、借り入れの前には必ず返済について考えることを一人一人が心がけていきましょう。

「返済シュミレーション」を活用してみて

そこで活用したいのが「返済シュミレーション」です。返済シュミレーションとは、金融機関が提供しているサービスの一つで、利用者が返済計画を立てやすいよう借り入れから返済までの大まかな流れをシュミレーションすることができるようになっています。例えばカードローンで3万円借りた場合には、利息がどのくらいつくのか、総返済額はいくらになるのか、返済期間はどの程度になるのか、といった返済状況をシュミレーションし、実際の返済計画に役立てていくことができるようになっているのです。

シュミレーションを活用せずに返済計画を立てることは少し難しく、特にカードローン初心者の皆さんにとってはどのように計画を立てれば良いか分からない、と感じることの方が多いかと思います。返済シュミレーションはそんな皆さんにもぴったりのサービスとなっていますから、自分の返済状況を実験的に確認するためにも、ぜひ返済シュミレーションを試してみてください。

利息の計算は返済シュミレーションがおすすめ

返済シュミレーションでは利息についても計算できるので、利息の支払いを気にしている皆さんんもおすすめです。カードローンは「無利息」ではない限り、必ず利息を支払わなければなりません。利息はカードローンの利用手数料として皆さんが支払う義務があるため、利息も含めた金額を金融機関側に返済しなければならないのです。

カードローンを利用する際にはこうした利息の支払いについてもあらかじめ頭に入れておく必要がありますから、返済シュミレーションで利息を計算し、どのくらい利息を支払わなければならないのかチェックしておくようにしましょう。

借り入れ金額が高いほど利息は高くなりやすい特徴を持っていますが、その特徴を無視していた結果、思っていた以上に総返済額が膨らんでしまった、というケースも少なくありません。少しでも利息を低く保ちたいのであれば、借り入れの段階から金額を調整するか、金利の低いカードローンを選ぶなどの工夫も大切です。返済シュミレーションは基本的に借り入れ前に行なうべきものとなっていますので、こうした工夫と共に活用してみてください。

もしシュミレーションをしてみて問題が生じたような場合は、借り入れ金額を調整するなど利用を考え直すこともできます。実際にお金を借りる前にはもう一度冷静になっておかなければなりませんから、毎回の借り入れごとに必ず返済シュミレーションをするようにしましょう。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }