カードローン審査が甘い場合の金利の高さ

甘いと高いは比例する?カードローン審査と金利はバランスが大事

カードローンは審査と金利のバランスが大事

カードローンの契約に欠かせない「審査」は、各金融機関の基準によって結果が出ることになります。審査に通れるか通れないか、つまりカードローンを利用できるかできないかは、審査基準によって大きく左右されるわけです。また、カードローンを契約する前には審査が重要ですが、実際に利用することを考えると「金利」にも注意しておかなければなりません。

金利はカードローンを利用するために支払う手数料としての「利息」に関わるもので、金利の高低差によって皆さんの返済負担は変化します。そしてこの審査基準と金利は、両方のバランスが大事なものなので、審査の面だけでも金利の面だけでもお得なカードローンを探すことはできません。

せっかくカードローンを利用するのですから、少しでもお得に使っていきたいものですよね。そこで皆さんがまず見ておくべきことは、審査と金利を中心としたカードローンの特徴です。様々な金融機関で提供されているカードローンは、それぞれ異なる特徴を持っていますので、ここからはカードローン審査と金利のバランスについて見ていくことにしましょう。

審査の「甘い」と金利の「高い」は比例するもの

まずは審査基準が甘いと言われるカードローンですが、この場合は一般的に金利は高めの傾向があります。審査基準の「甘い」と金利の「高い」というポイントは比例しているので、審査基準の甘いカードローンを契約する際には、あらかじめ金利についてよくチェックしておくようにしましょう。

金利が高いということは、手数料として支払わなければならない利息も高くなるということですから、どんなに簡単に契約することができても、実際にカードローンを利用してから返済に悩まされることも少なくありません。利息が高いほど総返済額も増えてしまい、最悪の場合は返済することすらできなくなってしまうこともあるのです。

少しでも返済に不安がある場合は、できるだけ高金利カードローンの利用を避けることをおすすめします。基準の甘いカードローン審査は余程の問題を抱えていない限り、比較的簡単に通ることができるのですが、審査の甘さと金利の高さは比例している、ということをよく覚えておくようにしてください。

審査が厳しく低金利で借りられるカードローン

では、審査基準が厳しいカードローンの場合はどのような特徴があるのでしょうか?審査基準が甘いカードローンは比例して金利も高くなる傾向がありますが、審査が厳しいカードローンは一転して低金利であるケースがほとんどです。厳しい審査を通ることができた結果、低金利でカードローンをお得に利用することができるというわけです。

無事に契約することができれば安心してカードローンを利用することができるので、サービスに対して安心感や安全性を求めている皆さんは、なるべく審査基準が厳しく低金利なカードローンを選ぶことをおすすめします。

ただ、審査基準が厳しいことが影響し、なかなかカードローンの利用を認めてもらえない、ということもあるものです。中でも銀行のカードローンは審査基準が厳しいことが有名ですから、これから銀行でカードローンの契約を考えている皆さんは、自分自身が審査に通れる状況かどうかをしっかりチェックした上で申込むようにしましょう。

カードローンを扱っている金融機関では「審査シュミレーション」といったサービスが利用できるようになっていますので、審査を受ける前にシュミレーションし、自分が銀行のカードローンを利用しても良い状況であるか判断してもらうと良いでしょう。もちろんシュミレーションということで、実際の審査結果とは異なる部分も多いですが、厳しい審査に通るための判断基準として、まずは審査シュミレーションを試してみてください。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }