カードローン審査においての必要書類

必要書類が全て揃っていてもカードローン審査に通れない場合が

もしもの時に便利なカードローン

出費が嵩んだ時、持ち合わせが足りなくなった時、いざという時にあると便利なのが「カードローン」です。もちろん、カードローンは誰でも利用できるわけではなく、利用者の年齢制限があったり、審査を受けなければならなかったり、条件も様々あるものですが、無事審査に通ることができれば皆さんはカードローンを利用してお金を借りることができるようになります。

さらにカードローンには繰り返し何度も利用できるというメリットもありますので、必要になった時にはカードローンを使っていつでもお金を引き出すことも可能です。銀行にはカードローンと同様、用途が自由な「フリーローン」というサービスがありますが、カードローンのように何度も繰り返し利用することはできません。フリーローンは完済したら契約は終了という特徴があるものの、カードローンは限度額が借り入れの基本となっていますので、完済してもまた繰り返し借り入れができるようになっているのです。

また、完済していない場合でも、限度額に余裕があれば自由に借り入れできますし、返済計画さえしっかり立てていれば非常に便利なサービスとして活用していくことができます。様々な用途に使えるので、皆さんももしもの時のためにカードローンを一つ契約してみてはいかがでしょうか?

カードローンを契約する際の必要書類

ところで、カードローンを契約する際には必ず審査を受けることになりますが、皆さんは審査を受ける前に申込みのための必要書類を準備しておかなければなりません。身分証明書と収入証明書は基本中の基本となっていますので、申込み前に必ず用意しておきましょう。身分証明書としては、運転免許証やパスポートなどが挙げられますが、カードローンなどキャッシングサービスを利用する上では健康保険証も欠かせないものとされています。

例えば、金融機関に運転免許証と健康保険証のコピーを併せて提出することで、利用者としての信頼性はより高まりますし、審査にも通りやすい状態となります。パスポートと健康保険証というペアでも良いので、顔写真付きの身分証明書と健康保険証を必ず準備しておいてください。

また収入証明書は、職場で社員として働いている給与所得者の皆さんは給与証明書、自営業者や個人事業主の皆さんは確定申告書など、雇用形態によって証明できる書類が異なっていることが特徴的です。カードローンを利用する上では、どのくらい収入を得ているのか、といった点も重要な審査基準とされていますから、収入が証明できるものもしっかり準備しておきましょう。

必要書類が揃っていても審査に通れない?

このように、カードローンを契約するための必要書類には身分証明書と収入証明書が必須とされていますが、必要書類が全て揃っていても審査に通れない場合もあるのであらかじめ注意しておきましょう。免許証も保険証もあるのに審査に通れない・・・という場合には、他に何らかの原因が見られていることで審査に落とされてしまったことが考えられます。

例えば、現在借金を抱えている、収入が極端に少ない、職場での勤続年数が少ない、証明書の有効期限が切れているなど、様々な理由によって審査に通れなくなってしまうことが考えられるので、申込む前にもう一度よく自分自身の状況について見直してみることをおすすめします。必要書類だけをしっかり準備していても、皆さん自身がカードローン利用者として準備できていなければ意味がありません。本当にカードローンを利用すべきか、よく考えてから申込むようにしましょう。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }