カードローン返済の滞納は大問題

返済の滞納は大問題!カードローン利用者としての義務を果たすこと

審査はカードローン契約の大前提

カードローンはいつでもどこでも利用できるものですが、誰でも利用できるものではありません。基本的に年齢制限は満20歳0満65歳までとなっていますし、契約前には必ずカードローン審査を受けることになります。皆さんはこの審査に通ることができない限り、カードローンを利用してお金を借りることはできませんので、これから利用を考えている皆さんはまずこの点に注意しておきましょう。無審査のカードローンは一般的にはありませんから、審査をクリアすることを大前提と考えるようにしてください。

そして審査に通るためには、皆さん自身が金融機関側の審査基準に見合っていることが条件とされています。審査基準は金融機関ごとに異なり、銀行の場合は厳しく、消費者金融の場合は甘い、という傾向が見られていますが、こうした一般的な金融機関では無職や無収入である皆さんが審査をクリアすることは不可能と言っても良いでしょう。

仕事をして収入を得ていることが重要な条件となっているため、無職や無収入の状態ではカードローンの利用を認めてもらうことができないのです。返済する余裕があるかどうかは、今後のカードローン利用に大きく関わってくる問題ですから、まずは自分自身の金銭面をよく相談した上で契約を決めるようにしましょう。

もし返済金額を滞納してしまったら・・・

カードローン利用者にとって、借り入れ金額の返済は義務とされています。返済をすることは利用者にとって当然のことですし、もし返済ができないような場合には、利用者としての信頼性が破綻してしまいます。例えば、皆さんが返済金額を滞納してしまった、という場合は大問題で、今後二度とカードローンを利用できない状況になってしまうこともあるのです。利用者の義務である返済を怠ってしまったということですから、たった一度の滞納でも大きなトラブルに発展するリスクは十分にあります。

カードローンなどキャッシングトラブルの原因はほとんどが利用者側にあるもので、自分自身で墓穴を掘ってしまう利用者も少なくありません。まずはカードローンを正しく計画的に利用し、滞納をしないよう一人一人が気をつけておく必要がありますが、誤って滞納してしまった場合には、最悪の事態に陥ってしまう前にしっかり対処し、金融機関の信頼を失わないように注意しておきましょう。

滞納してしまった場合の対処法

では、返済金額を滞納してしまった場合には、どのような方法で対処するべきなのでしょうか?もし皆さんが誤って返済期日を忘れてしまったり、返済期日を勘違いしていたりした場合は、まずはカードローンを利用している金融機関へ連絡し、できるだけ早く返済金額を支払うことを第一に考えてください。滞納しているにもかかわらず、何も連絡を入れずに返済をすることは失礼にあたりますし、返済金額を支払う金銭的余裕があるのであれば、なるべく早く支払いを済ませましょう。

また、返済期日はしっかり覚えているけれど、返済金額を支払う余裕がない、という場合には、返済方法から考え直していく必要があります。このまま同じ状態を続けていても、また滞納してしまうかもしれません。滞納を繰り返すほど利用者としての信頼も失われていきます。

今後も変わらずカードローンを使い続けていきたいのであれば、皆さんが滞納せず確実に返済できるサービスを利用することが重要ですので、カードローンの借り換えを検討するなど、現状を少しでも良くしていく方法を探してみましょう。返済したいのにできない状態は皆さん自身も苦しいものですから、まずは自分に合った借り換え先を選んで、負担なく返済することができるよう工夫してみてください。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }