どんな用途にも使えるカードローン

使い道は自分次第!どんな用途にも使える便利なカードローン

注意しながら正しい方法でカードローン利用を

近年では銀行でも消費者金融でもカードローンが利用できるようになっています。銀行のカードローンは比較的低金利で借りられるため、初心者の皆さんにもおすすめですが、審査基準が厳しいことからなかなか契約を認めてもらえず、カードローンを利用することができない、と困っている人もよく見られています。

ただ、その場合も審査基準の甘い消費者金融であればカードローンを契約できる可能性も高くなりますし、最近は銀行系消費者金融も人気なので、銀行以外のカードローンを契約することも考えてみると良いでしょう。もちろん必要以上にお金を借りたり、返済する余裕がないにもかかわらずカードローンを利用したり、誤った使い方をすることは危険です。一人一人が注意しながら正しい方法でカードローンを利用していくよう心がけておきましょう。

どのような用途にも使えるカードローン

このようなカードローンは、基本的にどのような用途にも使えるようになっています。外出先で持ち併せが足りなくなった場合にはもちろん、公共料金の支払い、クレジットカード請求の支払い、急な出費が重なった場合、といったように使い道は利用者次第です。他にも急な怪我や病気でお金が必要になった場合などにも使うことができますから、もしもの時のために契約しておくと安心です。

ただし、先にも述べたように必要以上にお金を借りることがないよう、あらかじめ使い道は決めておくようにしましょう。カードローンは借り入れ限度額が利用者それぞれに決められているので、一人一人借りられる限度は異なっていますが、やはり一度に借りる金額は数万円単位であることが多く見られています。3万円や5万円などを借りて公共料金の支払いに充てる、治療に充てる、といった使い方を前もって決めておくことが大切ですから、必要用途に絞り、必要な金額だけを借りるようにしましょう。

お金を借りる前に返済計画を立てて

また、カードローンでお金を借りる前には「返済シュミレーション」を活用して、確実に返済するための計画を立てておくことも忘れないでくださいね。返済計画はカードローン利用者にとっては義務であり、皆さん自身安全にサービスを利用するためにも欠かせないものです。計画を立てずにお金を借りてしまうと、返済時にどのくらい利息を支払えば良いか分からず、結果的に総返済額もとんでもない金額になってしまっていた、というケースも少なくありません。

カードローンを利用する以上、自分自身で責任を持つことは避けられないことですので、これからカードローンを利用する皆さんは、まず返済シュミレーションで利息を計算し、返済状況をよく把握した上で契約をするようにしましょう。安易なカードローン利用はトラブルの元です。シュミレーションを上手く活用しながら、トラブルを防いでいきましょう。

金融機関側から利用を禁止されている用途も

しっかり返済計画を立てて正しく利用すれば、より良いかたちでカードローンを利用していくことができます。しかし、どのような用途にも使えるカードローンでも、金融機関側から禁止されている用途もあるのであらかじめ理解しておかなければなりません。一般的なカードローンは、借金返済に充てるためのお金を借りることは禁止されており、第三者に貸すために借り入れをすることも禁止事項となっています。

特に他社借り入れがある場合、返済額を調達するために新たにカードローンを契約する利用者が見られますが、このような行為は金融機関が禁止しています。皆さん自身も借金が増えるばかりですから、禁止されている用途には使わないよう注意しておいてください。

.shousai { clear: both; margin-top: 20px; margin-bottom: 20px; text-align: center; }